働く女性にエールを! 頑張っている女性を取り巻く現状と課題

仕事との両立を成功させる

女性の仕事をしていると、家庭との両立が困難でどうしても仕事の方をやめて、家庭に専念しなければならないという事態に陥ってしうケースが多くあります。
小学校の学童保育にも限界が有ることも確かです。

しかし、学童保育も時間に対する考え方を改めて、最近では7時まで学童を預かるようにするなどの工夫をしていると、知り合いが教えてくれました。
しかし、日本の今の状態では、それも長く続けることが出来ないのではないかと考えます。

そこで、日本だけではなく外国の文化を取りこんでみるのも、ひとつの手です。
どのようなことが必要なのかをご紹介したいと思います。

フランスでは、多くの女性が子育てをしながら働いています。
それは、一言で言ってしまえば、制度が充実しているのことがあげられると思います。
フランスでは、出産後3歳までの育児休暇を許可し、その間の手当も保証されていますしなにより基本の規則が徹底して守られていることが大きな要因ではないでしょうか。

日本人は、責任感が強く働いていないと落ち着かないということがあるかもしれませんが、外国では仕事とプライベートをしっかりと分けて考えられています。
また効率を重視する所から、休むことも仕事として捉えているのです。

家庭との両立を目指す上で必要なのは、休日などの働かない時間との両立ではないでしょうか。
働かない時間をしっかりと確保することは、日本ではまだまだ難しいことだとは思いますが、各々がしっかりとメリハリをつけていくことで、社会全体の流れを変えていく必要があると思います。

家庭との両立を目指す方は、働かない時間を固定して、企業と交渉することで目指していけるのではないでしょうか。

Leave a Reply